サービス

コンテキスト・シナリオ/UI設計

TAMのスマホサイト制作では、初回のヒアリングの後、ユーザーがいつ、どのような状況で、何を目的にサイトへ訪れ、情報を得た後はどう行動するのか、というユーザーフローの洗い出しを行います。
想定されるフローをできるだけ多く書き出して俯瞰することで、多くのフローで共通して出現する重要コンテンツ、ユーザーの行動に即したモバイルならではの機能・コンテンツ、モバイルサイトでは不要と判断すべきコンテンツなどを把握。PCサイトの焼き直しではなく、モバイルファースト思考によるサイト構成を固めていきます。

  • コンテキスト・シナリオ/UI設計
  • コンテキスト シナリオを作ろう

ユーザーフローを洗い出す際のポイントとして、

  1. できるだけ具体的な行動フローを想定するため、ターゲット像やインサイトを
    クライアントから詳細にヒアリングする。
  2. サイトを見ようと思い当たる状況や、情報を得た後にとるであろう行動、
    といったサイト利用の前後のステップも洗い出す
  3. いくつかのパターンを包括した概論的なフローではなく、特定のペルソナを立て、
    できるだけ具体的なフローをできるだけ多く想定する
  4. 目的を達成するフローだけでなく、達成できなかった場合のフローも考える

といったことが挙げられます。

このようにユーザーの行動フローを洗い出しながら、クライアントのマーケティング戦略を踏まえ、サイトの目的・ゴール・戦略・戦術、およびコンテンツ構成を決めていきます(マーケティング戦略の共有)。
コンテンツ構成が確定したら、メインナビゲーションの設計や、主要コンテンツのワイヤーフレーム(=キーパスシナリオ)を作成します。
キーパスシナリオがある程度固まってきた段階でペーパープロトタイプテスト作成のステップへと進みます。

ペーパープロトタイプ/ユーザーテスト >