サービス

ユーザビリティテスト

TAMでは一連のサイト構築の中で、ユーザビリティテストを実施することで課題発見~改善施策までを一貫してサポート可能です。リニューアル前の既存サイト評価や、制作途中のサイトのモックテストを実施することで、よりターゲットユーザーに向けた精度の高いサイト構築が実現可能です。※ユーザビリティテストは「定量評価」ではなく「定性評価」で、ニールセンによると5人の被験者でユーザビリティ問題の85%を発見できると言われています。ビデオカメラを使ったテストなのでスピーディに実施することが可能です。

TAMのユーザビリティテストの流れ

イントロダクション・事前インタビュー

イントロダクション・事前インタビュー

テストを行う前に、調査の概要説明とあわせて事前インタビューを行います。被験者のことを理解するために、属性に関わる基本的な質問と、サイトやサービスへの理解度に関する質問を行います。被験者には出来るだけ普段通りサイトを利用できるよう日常会話をしてリラックスしてもらうよう努めます。

課題実施

課題実施

被験者に「サイトで欲しい商品をさがして購入してください」といったタスクを与え、実行してもらいます。タスク実行中に不明点が出てきたときや、ガイドが必要な時のためにモデレーター一人がテスト中に同席します。画面はビデオカメラで撮影したものを別室のテレビモニターで表示し、クライアント・TAMのメンバーで行動を観察します。

テスト後のインタビュー

テスト後のインタビュー

テストの終了後、録画映像を見ながらヒアリングを行うことがユーザーテストでは特に重要です。テスト直後、ユーザーが使用感を忘れないうちに感想・良い点・悪い点などを質問することで課題が明らかになります。

テスト環境

テスト環境

制作スタッフ、クライアントなどの見学者はテストユーザーの邪魔にならないように見学室のモニターで観察

ユーザビリティテストで明らかになること

  1. サイト内の問題点(行動阻害要因)を明らかにする
    • サイト内行動の把握(どのようなページを閲覧するのか)
    • ユーザーニーズの満足度の把握(満足なページは?/不満足なページは?)
    • 認知・流入状況の把握(どこからどのページへ来るか?)
  2. 競合サイトとの比較行動を検証
    • 競合サイトの利用同期、行動、比較検討する際のポイント(どこがいいのか、どう動くのか、どう検討したのか?)
    • 競合他社で優れている施策(機能・画面構成・UI・ラべリング・デザインなど)
  3. デザインに関する気づき
    • 色やクリテイティブに関する印象(全体の印象は?各パーツの印象は?そういう印象を受けるのはなぜか?)
  4. 今後予定している施策案に対する評価
    • プロトタイプテスト(改訂案はターゲットユーザーに使いやすく、有意義なサイトになっているか?)

ユーザビリティテスト実施事例

シャープの総合電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」

GALAPAGOS STORE