サービス

CMS導入

グローバルサイトのCI・VI統一、ワンソースでのマルチデバイス対応など、CMSを活用したWebサイト構築の必要性はますます高まってきております。

CMS導入にあたってのポイントとしては以下が挙げられます。

  • 適したCMSの選択
  • 情報・テンプレート設計
  • 運用体制の整備

CMSの選定

大規模なCMSを導入したが結局使いこなすことが出来ず、かえって運用負荷がかかってしまっている。という話を伺うことが多くなっています。もちろん、Webサイトの規模や運用のワークフローによっては大規模CMSの導入が必要な場合もありますが、必要な機能を見極めた上で、それに見合ったCMSを選定・導入することの重要性が見直されてきていることは間違いありません。
TAMでも、大手企業の大規模サイト構築に際しても、Movable TypeやWordPressといったCMSを選択・提案することも多くあります。大切なのは、達成すべき目的や運用体制をクライアントと密に共有し、費用対効果を最大化させるCMSを選択することだと考えております。

情報・テンプレート設計

ツールの選択だけでは、CMS導入は成功しません。既存のコンテンツをいかに整理し体系立てるか。将来的な拡張性や自由度も加味したうえで、どのようなテンプレート設計を行うか。そういった情報設計も綿密に行う必要があります。また、マルチデバイス対応を前提としたプロジェクトでは、各デバイスごとのユーザー像を踏まえながら、デバイスごとに最適化された画面設計を行うことも重要です。
この情報設計は、サイトの規模が大きくなればなるほど複雑化することが多く、それにあわせて不測のトラブルの可能性も高まります。TAMでは、Webディレクターが情報設計をドキュメント化してプロジェクトマネージメントすることでリスクを最小限に抑えた進行を実現します。

CMS導入事例

京セラ ファインセラミックス

Movable Typeにて構築。大量の製品情報を整理し、テンプレート化。

アスキーメディアワークス

コンテンツ構成や、サイトの運用フローにあわせてWordPressをカスタマイズ。

森下仁丹「coco-bana」

WordPressをベースにレスポンシブWebデザインのサイトを構築。