サービス

ユーザビリティテスト

ユーザー視点でのWeb構築のためには、ユーザーのインサイトやネット上での行動フローを理解しておくことが欠かせません。TAMでは、各種のユーザーテストを積極的に取り入れ、そこで得られた気づきや改善点を、戦略・戦術策定や具体的なコンテンツプラン、クリエイティブに落とし込んでいます。

ユーザーテストは、大きな費用と期間をかけるほどよい、というものではありません。テストすることが目的ではなく、Web戦略を達成するための手段のひとつとして位置づけ、必要な時にクイックに実施できるような体制を作っておくことが重要です。そうすることで、ユーザーテスト結果をただの机上論にとどめず、制作の現場へと直結させることができるのです。

ユーザー行動観察

仮説に基づいた課題をターゲットユーザーに実行してもらい、
画面上での行動や心理を観察します。
課題実行後にもヒアリングを実施します。

アイトラッキングテスト

Tobii社のアイトラッカーを使い、ユーザーの画面上での視線を追跡・記録。ページ設計や導線設計における問題点を洗い出します。

ユーザー行動シナリオ作成

コンテキストシナリオ(理想的なユーザー行動シナリオ)
課題シート
ターゲットユーザーを絞り込み、Web上での行動阻害要因や課題を洗い出します。それをもとに、ターゲットユーザーの理想的な行動シナリオを作成します。

他にも、目的や戦略に応じて、以下のようなユーザーテストも実施します。

ペルソナ/シナリオ法

架空のターゲットユーザー(=ペルソナ)を作り上げることで、
プロジェクトメンバー全員が共通のユーザー像・ニーズを把握します。

フォームユーザビリティテスト

システムチーム、マークアップチーム、デザインチームが密に連携しながら、ターゲットユーザー視点でのEFOを実施します。

グループインタビュー

ターゲットユーザーをリクルーティングし、モデレーターの司会進行で座談会を行います。潜在的なニーズからWeb構築のヒントを得ます。

ユーザーテストの実施に際しては、TAMはできる限りクライアントにも参加いただくようにしています。テスト現場でのユーザーのリアクションを共有することは、サイト構築の戦略策定における意思統一に大きく貢献するからです。