実績

ニフティ株式会社様『@niftyニュースの365日更新』

大手ポータルのニュースサイトを
独自の体制で365日運用。

  • リテラシーの高いスタッフによる365日運用体制を構築。
  • クオリティキープのための独自の仕組みづくり。

Strategy(戦略)&Tactics(戦術)

●厳しい採用基準を設け、リテラシーの高いスタッフによる運営体制を構築。

ニュース更新の実作業は、ニフティスタッフ、TAMスタッフ、専門スタッフの20数名によるチームで担当しています。ユーザにとって魅力的な情報を提供するためには、ニュースのピックアップや見出し作成といった、人が考え判断する作業に高いクオリティが求められます。そのため、スタッフを登用する際には、PCスキルだけでなく、社会情勢を把握していること、ユーザ目線での価値判断ができること、世の中の流れに敏感であること、といった観点から独自の厳しい採用基準を設定。数百人の中からテストをクリアした優秀な人材でチームを組織しています。

●独自のコミュニケーション方法で、
スムーズな運営フローを実現。

早朝から深夜に渡る更新作業は、常時複数名が担当しています。記事の選定・見出し作成をするスタッフ、それをチェックするスタッフといったように役割を分担。チャットの仕組みを使った迅速かつ密なコミュニケーションを通じて、スピードとクオリティの両立を実現しています。また、業務報告ボードと呼ぶ作業管理プログラムを独自に開発し、ニフティスタッフ、TAMスタッフ、専門スタッフの全員で、日々の業務内容やトピックスを共有しています。

●クオリティを厳しくコントロールする、
定例ミーティングを頻繁に実施。

高いクオリティをキープし続けるために、ニフティスタッフも含めた全スタッフが集まっての定例ミーティングを毎月開催。各ニュースのPV実績のレビューや、クオリティの高い見出し作成のためのレクチャー、目標PV数の共有などを行っています。また、定例ミーティング以外にも、TAMのリーダーが各スタッフのスキルを日々把握・管理しながらクオリティ維持のためのマネジメントを実施しています。

左)独自の業務報告プログラムを開発。
右)運営ミーティングを頻繁に実施。

interview

ニフティ株式会社
サービスビジネス事業本部
田嶋氏 牧野氏
TAMに対する印象は?
責任感が強く、誠実に対応して頂いていると思います。重大なニュースが発生した緊急時にも柔軟に対応して頂くなど、目標遂行能力の高さを感じます。「何があってもやり遂げる」という姿勢が、頼りになります。
運用を始めてからの変化は?
サイトの目的を十分に理解し、運用に活かしてくださっていることから、ニフティが目指すサイトに徐々に近づいています。これもTAMさんと一緒になって新しい体制づくりに取り組んだ結果だと思っています。
今後TAMに期待することは?
外部協力会社としてではなく、TAMさんとニフティでひとつのチームとなり、同じ目標をシェアして達成に向けて取り組んでいきたいと思っています。これからも良いパートナーとしてよろしくお願いします。