実績

大阪ガス株式会社様『マイ大阪ガス』

サイト設計から、マンガ・ゲーム・コラムの制作まで。
ポイントがもらえる会員サイトにフルリニューアル。
(関西ビジネスインフォメーション様と共同制作)

Point(ポイント)

  • お客様のニーズとビジネスゴールを踏まえたサイト設計
  • マンガ・コラム・ゲームなど、豊富なコンテンツを制作
  • リニューアル以降も多数のコンテンツ更新を管理・運営

Strategy(戦略)&Tactics(戦術)

●綿密なディスカッションをもとに、お客様のニーズとビジネスゴール踏まえたサイトを設計。

大阪ガス様の『マイ大阪ガス』は、毎月のガス代・使用量の確認やプレゼント応募ができる会員制サイト。今回のリニューアルでは、これまで以上に魅力的なウェブサイトとなるよう、メールアドレスの登録だけで利用できる「ライト会員」の新設や、お楽しみコンテンツの充実、ポイント機能の追加などを実施。TAMと関西ビジネスインフォメーション様と共同でサイト全体の設計やデザイン、各コンテンツの企画・制作を主に担当いたしました。

『マイ大阪ガス』はユーザーの利用状況が複雑な上、サイト規模も大きいため、プロジェクトの始動時より関係者の皆さまと綿密なディスカッションを繰り返しました。サイト全体の設計時にはA1サイズの紙に各ページのレイアウトが分かる遷移図を作成し、サイトの全体像を可視化。その上で「既存コンテンツと新規コンテンツをどう融合させるか」「ポイントの付加表示をどのように分かりやすく見せるか」など、ユーザー視点に立った議論を実施しました。その中で生まれた新しい課題や要望はポストイットに記したり、画面遷移図をリバイスするなどして、設計の精度を高めていきました。

マイ大阪ガス 主要画面遷移図

●エネルギーやエコに楽しく触れられる、マンガ・コラム・ゲームなどを多数制作。

『マイ大阪ガス』の新マスコットキャラクター「マイマイ姉妹」がコミカルな掛け合いを繰り広げる「マンガでわかるエネルギー」や、エコや省エネの疑問に答える「エコわざ相談室」など、エネルギーやエコ、関西の食に関した9種類のコンテンツを新規で立ち上げました。
制作は独自の世界観を表現できる漫画家、世界のエネルギー事情に精通したライター、関西の食に詳しい専門家など、外部のプロフェッショナルとタッグを組みながら進めています。

また、9つのコンテンツを同時に進行させるため、6名のディレクターで担当を分担。大阪ガス様とのお打ち合わせ時には、各コンテンツの確認時間を絞ることで、プロジェクト全体の統轄で多忙なご担当者様のご負担を軽減できるよう務めました。

それぞれのディレクターが平行してプロジェクトを進めながら得た情報は、クラウドツールを使って共有。担当した6名が別の大規模案件を日々運用しているメンバーであり、もともとコミュニケーションの土台があったことも限られた時間でローンチできた要因のひとつだと思います。

  • マイマイ姉妹のマンガでわかるエネルギー
  • マイ大阪ガス THE特産・名産クイズ

●リニューアル以降も、多数のコンテンツ更新をスムーズに運営。

マンガやコラム、ユーザーの投稿にお答えするコンテンツを、1~2ヶ月に1度のペースで更新しています。サイト運営をスムーズに進めるため、社内の制作スタッフを中心に体制を構築。大阪ガス様と定例ミーティングを開催させていただき、進捗の確認や課題の共有を行っています。
今後はアクセス状況を踏まえて、よりよいウェブサイトになるよう、ご提案などをさせていただく予定です。

エコわざ相談室

interview

大阪ガス株式会社様
関西ビジネスインフォメーション様
TAMヘ依頼された理由
今回のプロジェクトは規模と比較すると、短期間の制作だったため、スピード感のあるパートナーがよいと考えていました。TAMさんは、打ち合わせの場で、判断・提案・イメージを絵にしてくれるなど、こちらの要望に対してのリアクションが早いので、その部分を期待していました。
また、こちらの要件がまとまっていない場合でも、話を聞いて、目的を整理しながら進めてくれる部分も、お願いしたいと思ったポイントになります。
TAMの取り組みへの印象
さまざまな案件を並行してお願いしていますが、PMの三内さんが全体を統括して、要所要所で各案件をコントロールして頂き、安心感があります。また、TAMさんは、(特に関西のWeb制作会社としては)体制も厚くメンバー構成も多彩なので、各案件ごとに適性のあるメンバーの方が、それぞれノビノビと個性を発揮してご活躍頂いています。
TAMに今後期待すること
これまで蓄積して頂いた当社に対する理解をベースに、サイト制作・運用だけでなく、Web領域全般についてご支援頂ければと思っています。また、クライアント向けの勉強会や、クライアントのWeb担当者同士をつなぐコミュニティ活動などもやって頂ければ嬉しいです。