閉じる

理念と行動指針

TAMのミッション - 理念

私たちの出発点と仕事の目的。

  • クライアントに満足を提供しよう。
  • 次世代の人を育てよう。
  • 社会へ存在意義のある会社になろう。
  • 家族に誇れる仕事をしよう。
  • モノもココロも幸せになろう。

TAMのビジョン

今、これから、
私たちが目指していくもの。

「企業のデジタルマーケティングの
継続的発展に貢献する」


TAMの価値

私たちが提供する価値。

「パートナー型プロダクション&
エージェンシー」

「パートナー」という価値

  • マーケティング戦略の共有
  • プロジェクトマネージメントの可視化
  • 専門スキル

TAMのクレド - 行動指針(TAM人の13の行動指針)

幸せになろう!

個人が幸せになることこそが、会社も幸せになること。個人の幸せの追求と会社利益の追求を最大限でバランスさせよう。個人も会社も、長期にわたって成長し繁栄していくために。

TAMの考える「幸せ」とは、たとえどんな時代や環境になろうと、万一会社がなくなろうと、自分らしく生きていける、周りから求められる、「自信」と「自由」を手に入れることと考えています。そのためには、自らの強みを活かし、弱みを補う術を身につける必要があります。

1 . 自分の幸せは、自分で手に入れる

会社や誰かが幸せにしてくれるのではない。
幸せは自分の手でしか掴めない。
会社と個人、両者の幸せはお互いが必要な関係を続けられること。

2 . 健康に、前向きに

明るく、元気で、笑顔のある職場を目指そう!
ポジティブな感情・行動・コミュニケーションはいい仕事ができる会社をつくるが、逆もまたしかり。

3 . 「目的」を忘れない

その目的は何か?
すべての活動に、目的を持とう。
貴重な時間を無駄にすることなく、目的達成に集中する。

4 . 「満足」を提供する

私たちの業務は、仕事をこなすことではない。
パートナーとして「クライアントに満足を提供する」ことにある。

5 . 人を育てる

プロジェクトが人を育てる。
次世代に繋がる人を育てる。
人を育てる目的は、高度なスキルを身につけ
自ら学び、考え、行動し、相手のことを考えられる人間力の高い人を育てること。
最高の人材がいれば、市場や環境がどう変わろうがいかようにも対応できる。

6 . プロとして仕事する

  • 携わること自体がオモシロイ仕事
  • ルーチンの仕事だが成果と達成感のある仕事

どちらも大事なことを忘れてはならない。
土台をつくり、やりたい仕事にチャレンジする、それがプロだ。
職種や仕事内容によって違っても、「自分の食い扶持は自分で稼ぐ」「自らの成果を最大にしてチーム・会社へ貢献をする」ことはあなたがプロであることの基本的条件だ。

7 . 違いを認め、相手を尊敬する

尊敬されるには、仕事の成果と自分に厳しい態度が不可欠。
TAM人はゴールを共有し、互いに尊敬し合えるチームでなければならない。
相手の性格にかかわることを評価の対象にはしない。プロセスや結果に目を向ける。

8 . 成長を止めない

人も会社も、成長するか、衰退するか、2つに1つ。
成長しているときはあらゆるものが好循環を生むが
「このままでいい」を志向したとたん、すべてが悪循環に入る。

9 . 正直に正々堂々と生きる

決してだまさず、うらやむこと、ねたむことをしない。
約束は必ず守る。
誠実であることを最低限のルールとして、オープンコミュニケーションを実践しよう。

Doing things right ! Doing the right things!

正しく行う、正しいことを行う。

10 . 思いやる心 > ルール

TAMでは、相互信頼のもと多くを自己管理に委ねている。
だから、敢えてルールを作らない。
分別と責任のある大の大人が、管理される必要はない。
大切なことは相手を尊重し、思いやる心だ。ただし、社会のルールには違反してはならない。

Do the hard right , Not the easy wrong.

困難で正しい道を選べ、安易で間違った道を選ぶな。

11 . 困難を受け入れる

良いときもあれば悪いときもある。
プラスマイナスがゼロになることをわきまえていれば、困難を受け入れられる。
誰にも訪れる困難を乗り越えるストレス耐性を高めること。
それが、会社にも個人にも幸せを生む鍵となる。

12 . TAMで求められる5つの資質

  • Hard Working
    (一生懸命働くことが好き)
  • Intelligence
    (未知のものへの解決力が高い)
  • Honesty
    (誠実である、周囲と協調的)
  • Communication
    (インプットとアウトプット、両方の力)
  • Stress Tolerance
    (ストレス耐性、逃げない、あきらめない)

13 . 天職を見つける

自分の強みを活かせる天職を長く続けられることほど幸せな人生はない。
ただし、私たち知識労働者は、50歳以降の自分の未来について
10年前、20年前といった早いうちから熟考すべきだ。
(未来をつくるにはリスクが伴うが、未来をつくろうとしない方がリスクは大きい。)

TOP