オンライン広告/設計・運用

点と面でサポートする
デジタルマーケティング。
一緒に「売れる仕組み」を作ります。

チーム写真

DIGITAL ADS

リーダー写真

佐藤 佳穂

- アカウントプランナー

表参道ヒルズ、アシックスジャパン等のプロモーションを担当。デジタル広告、SNSアカウント運用をはじめとしたデジタルマーケティング設計を行っています。チームではダイバーシティ&インクリュージョンを推進中。英語よりフランス語の方が得意です。

スマホ化した賢いユーザーに
寄り添えていますか?

iPhoneが登場したのが2007年。そこから十数年が経った今、ターゲットとなる消費者のほとんどがスマートフォンを手にし、生活に欠かせないツールになりました。すでに消費者は高度なデジタル化が進んでいます。この変化を広告主もエージェンシーも、正しく、深く理解しておく必要があります。

ほんの少しですが、具体例を挙げてみましょう。

情報格差の圧倒的縮小

賢い生活者と企業との間に情報格差はなくなりました。もともとインターネットは比較するためのツールで、検索すればおおよそどんな情報でも出てくるのですから、企業側からの「きれいごと」のメッセージでは、まったく響かなくなっています。製品やサービスが持つ、本来のアイデアや伝え方を見直すことが求められていると言えるかもしれません。

タッチポイントの爆発的な多様化

ユーザーのタッチポイントがあらゆるコンテンツに分散され、一時のポータルのような考え方が影を潜め、一期一会でコンテンツに出会うユーザーがほとんどになりました。若年層のテレビ離れも著しいので、企業側のメッセージは、従来のような一方通行ではもう生活者に届かなくなっていますね。

「ブランド」がより重要に

価格も機能も品質も大きな差が生まれにくい成熟した社会で、しかも欲しいものがもうそんなにない、という低欲求時代に私たちは暮らしています。モノよりも"豊かな精神性"を求めています。企業側は、自社のブランドに共感してもらえる活動を一貫したメッセージで発信していかなければファンにはなってもらえなくなっています。

私たちはフルファネルに着目した
広告設計を大切にしています。

接点が爆発的に広がった高度なデジタルユーザーに寄り添うには、あらゆる現場でデジタルマーケティングの「売れる仕組み」をつくることが不可欠。「点」でのサポートとして広告出稿を日々最適化していくことは、私たちのもっとも基本的な役割です。
広告出稿の場面で私たちはフルファネルによる設計を大切にしています。タッチポイントが多様化し、ユーザーが著しく賢くなっている今、ボトムの購買層ばかりをターゲットにするのはなく、トップやミドルファネルと言った認知・検討層へのアプローチがますます重要に。それぞれのファネルに対して効果的な施策をご提案、実施できるようプラットフォームのアップデートにも日々向き合っています。

ファネルの概念図

ただし私たちは、「点」だけではなく、「面」でももっとサポートできるチームでありたいと願っています。コアアイデアや切り口を見つけるために、クライアントと共創することは自分たちの成長や喜びにつながると考えています。

デジタルマーケティングの「売れる仕組み」
を一緒に考えています。

オンライン広告/設計・運用を「点」と「面」の両方で支えるために、TAMの広告チームではこんなことに力を入れています。

独自の手法「バリューシフト」による売れる仕組みづくり

調査やインタビューを繰り返したり、リフレーミングに継続的にチャレンジしたり。独自の手法「バリューシフト」をもとに現場の課題やペインポイントを共有し、解決できるコアアイデアを見つけていきます。

クリエイティブとテクノロジーの両方を

私たちは決して広告媒体を取り扱うだけの「代理店」でも、クリエイティブ表現だけを担う「制作会社」でもありません。「クリエイティブテック・エージェンシー」であるTAMの一員として、新しい価値の共創から制作、コンバージョン・現場運用まで一貫してサポート。スピーディーに広告効果の最大化を図っています。

これまではマーケティング部や経営企画室が主導してマーケティング戦略を企業現場へ浸透させるという手法が一般的でした。しかし、私たちは日々の広告出稿の最適化はもちろん、コアアイデアの共創から運用まで、幅広くお手伝いしています。デジタルマーケティングにどこか課題を感じている、そんなときはお気軽にお声がけください!

タムくん

いつでもお問い合わせください。

TAMにご興味を持っていただきありがとうございます。
専門性の高い多様なメンバーが揃ったTAMと、共創プロジェクトをはじめませんか?
ご相談・ご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。