kihara

phpMyAdminとFTPを使った、WordPressの移行方法

別ドメインへの引っ越しや、テスト環境から本番環境への移行作業。
頻繁に行う作業ではありませんが、今後もスムーズに行えるようにまとめてみました。

  1. 移行前のサーバのデータバックアップ
  2. 設定ファイル(wp-config.php)の書き換え
  3. 移行後のサーバへデータアップ
  4. データベースの書き換え(URLの変更がある場合)

移行前のサーバのデータバックアップ

  • FTPソフトなどでデータを全てダウンロードする。
  • phpMyAdminで、MySQLデータベースのデータをエクスポートする。
    1. ダウンロードしたいデータベースを選択
    2. 「エクスポート」メニューを選択
    3. 「詳細設定」で、「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドを追加する」にチェック ※インポートする際、既存のデータがあれば削除してインポートされます。
    cap01

設定ファイル(wp-config.php)の書き換え

必要に応じて、新サーバの情報に書き換える。

define('DB_NAME', '****');
define('DB_USER', '****');
define('DB_PASSWORD', '****');
define('DB_HOST', '****');

移行後のサーバへデータアップ

移行前のサーバからダウンロードしたデータを、移行後のサーバに全てアップする。
書き換えた設定ファイル(wp-config.php)も含める。

データベースの書き換え(URLの変更がある場合)

ディレクトリを変更したりドメイン名を変更したりする場合、データベースも書き換える必要があります。

※※注意!!※※
データベース内にはシリアライズされたデータも入っています。テキストエディタやSQLでURLの一括置換すると整合性が合わなくなってしまい、プラグインやウィジェットが動かなくなるなど、不具合が生じる可能性があります。

そこで、WordPress Codexでも推奨されている「DATABASE SEARCH AND REPLACE SCRIPT IN PHP」というツールを使います。

  1. DATABASE SEARCH AND REPLACE SCRIPT IN PHP」を開き、スクリプト(V.3.1.0)をダウンロードする。 cap00

  2. zipフォルダを解凍し、wp-config.phpと同階層に「Search-Replace-DB-master」フォルダアップロードする。

  3. ブラウザでアクセスし、管理画面を開く。 http://●●●(←hostname)/Search-Replace-DB-master/

  4. 置き換えたい文字列を入力する。 「replace」に移行前のドメイン名、「with」に移行後のドメイン名を入力。 cap03 ※http(s)や/(スラッシュ)は入力しないでください。

  5. 「update details」でアップロード、「dry run」でテスト、「live run」で実行。 cap04
  6. 正しく置換されている事を確認したら(サイトを表示し、リンク先や画像のURLが書き換わっているかなどを確認) 「delete me」でこのツールを削除。 cap05 ※※注意!!※※ ツールを削除しないと外部からアクセスされ、置換される危険性があるので、必ず削除してください。

パーマリンク設定の更新

パーマリンク設定をデフォルトから変更している場合、変更した設定が効いていない場合があります。
その場合は、WordPressの管理画面でパーマリンク設定画面を開き、設定を変えずに更新ボタンを押してください。

お問い合わせはこちら