mizukami

イベントトラッキング時の直帰についてのまとめ

備忘録程度に、イベントトラッキング時の直帰について、まとめてみようと思います。

【イベントトラッキングとは】

外部リンクやファイルのダウンロードなど、ユーザーのアクションをイベントとして計測するトラッキング方法。

【イベントトラッキングの直帰とは】

通常、「直帰」とは1ページのみ閲覧してサイトを離脱した訪問を「直帰」と言います。 イベントトラッキングの場合は、例えば外部リンクにイベントを設定しておいた場合、ランディングしたページから外部リンクをクリックして離脱したとしても、そのサイトでアクションがあったとみなし、サイトに滞在している状態(直帰ではない状態)と認識されます。

【イベントトラッキングで直帰扱いにしたい場合】

ノンインタラクション(イベントトラッキングのオプション機能)を設定する。 ※設定方法は、トラッキングコードのバージョンによって異なります。

●非同期コード

_gaq.push(['_trackEvent', 'category', 'action', 'label', 値, true])

※最後のオプションに「true」を入れます。

●ユニバーサルアナリティクス

ga(‘send’, ‘event’, ‘category’, ‘action’, ‘label’, 値, {‘nonInteraction’: 1});

※最後のオプションに「{‘nonInteraction’: 1}」を入れます。

●グーグルタグマネージャー

googleタグマネージャーでイベントトラッキングの直帰を設定

※非イタラクションヒットを「真」にします。

【計測テスト】
  1. trueまたは {'nonInteraction': 1}を入れて外部リンク遷移⇒直帰率 100%
  2. trueまたは {'nonInteraction': 1}を入れずに外部リンク遷移⇒直帰率 0%
  3. trueまたは {'nonInteraction': 1}を入れて外部リンク遷移後、30分以内に戻る⇒直帰率 0%
※③の直帰率0%になるのは、30分以内でセッションがつながっているからだと思われます。
お問い合わせはこちら